外国人と日本人が日本で婚姻届を提出する時に必要な書類

日本人と外国人が結婚するために必要な書類

外国人と日本人が日本で婚姻届を提出する時に必要な書類

日本人については、本籍地以外の役所に届け出する場合は、戸籍謄本が必要です。

外国人については、原則、婚姻要件具備証明書(Certificate of Legal Capacity to Contract Marriage)(本国の権限を有する官憲が本国法上、その身分関係の成立に必要な要件を具備している旨を証明した書面)とパスポートが必要です。

必要書類 備考
婚姻届 市区町村の役場
戸籍謄本 本籍地の市区町村役場
パスポート 外国人と結婚する為に国籍を証明
婚姻要件具備証明書 外国人婚約者が独身かつ結婚することに問題ない事を証明する文書

婚姻要件具備証明書の交付申請の方法は、国によって異なる場合があります。

また、外国籍の方は本国から出生証明書や独身証明書などの書類を事前に用意しておくと便利です。

婚姻要件具備証明書が得られない時は、国籍によっては申述書・宣誓書で届出が出来る場合があります。

国際結婚の基礎知識関連ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする